So-net無料ブログ作成
検索選択

御礼 くっすん赤福さん、さすが! [御礼]

To くっすん赤福さん、 
赤福さんに、コメント返信を書き始めたら、あまりにも長くなり、えーい、こうなったら記事にしちゃますねーー。赤福さんのロック魂に応えられると良いのですがーー。

(1) その1 女性の歌うHR/HM

女性の歌うハード・ロック(HR)/へヴィ・メタル(HM)、ブログ・ネタにするつもりはありませんでしたが、きっかけを作っていただいたので、思いつくまま書いちゃいます。

ダークでブルータルなデス系エクストリーム・メタルでは、唸り声が女性とは思えないアンジェラ・ゴソウ嬢を擁するアーク・エネミー。「狂気の」「妖艶な」などの形容詞で語られるイギリスの超人気バンドですが、実は、ワタクシは苦手です。やっぱり、女性の声は美しくないとねえ。。。

 

歌もすごいが、見た目もすごい(朝青龍なみ)のキンちゃんこと、キンバリー・ゴスが歌うシナジーのほうが好みですね。

メジャーどころではエヴァネッセンスでしょうか。ただヴォーカルの小娘の失言&不遜な態度で、沢尻エリカなみにバッシングを受けてしまいました。欧米でも日本でも「口は災いのもと」ですなー。気をつけましょう。

女性ボーカルが活きるのは、オペラちっくな歌唱の「シンフォニック」。デス系より入りやすいですね。フィンランドが世界に誇るシンフォニック・メタルバンド、ナイト・ウイッシュはお薦めです。キャッチーな楽曲+美声でジャンルを確立した立役者です。残念ながら2年前にターヤ・トゥルネン(女性ボーカル)が脱退(解雇?)しました。現ヴォーカル、アネット・オルゾン嬢はルックスは良いですが線が細くいまいちの感じ。したがって、興味があるならターヤ時代のアルバムセンチュリー・チャイルド」が良いでしょう。ちなみに本CD、日本での発売日は、ワタクシの40歳の誕生日でしたので思い入れが深いです---って、どうでもいい話ですね!

ルックス重視なら、シンフォニック・メタル・バンド、EPICA(エピカ)シモーネ・シモンズ嬢で決まりでしょう。アルバム・ジャケも「それっぽく」、音楽的に強力にお勧め、とはいえませんが、一聴の価値あり。

過去のロック史をひもとくと(あー、話が長くなりそう)、ワタクシの一押しはプログレの歌姫こと、ルネッサンスの女性ヴォーカル、アニー・ハズラム!1970年代作品は隠れ名盤です(ほとんど廃盤でスイマセン)。彼女、一昨年、元ASIAのジョン・ウエットン、ジェフ・ダウンズのプロジェクトICONのアルバムで、一曲だけ歌っていますがクリスタル・ボイスはバリバリ顕在でした!大感激です。

苦笑いするなら(したくねえよ!)、イタリアのメタル・バンド、スカイラークでしょう。名前からファミレスを想像してはいけません。ボーカルのキアラ嬢が居心地の悪いベタなメタルを披露します。聴いていると不安になるヘナヘナ歌唱で、いまどき珍しい突っ込みどころ満載のアルバムです。ナイトウイッシュと違った意味で必聴(?)でしょう。

(2) アーチストのドキュメンタリー映画

急に話題は変わります。

くっすん赤福さんの次のコメント「アーチスト映画」の話にいきましょう。

当然「ラスト・ワルツ」は押さえなくてはいけません。アメリカを代表するザ・バンドの解散コンサート(1976年)のドキュメンタリー。駆け付けたニール・ヤング、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、といったビック・ネームを観れるだけでも嬉しいです。で、なにせ監督がマーチン・スコセッシですから。1976年といえばタクシー・ドライバーを撮っていた頃かなあ。すごいよねえ。

脱線しますが、先日、70/80’S ロックの生演奏を楽しめる六本木BAU HAUSで、ザ・バンドの「ウエイト」とジャーニーの「ライツ」というマッタリ名曲をつづけてリクエストしたら、演奏し終わったバンドのメンバーが「なんじゃ!こりゃ!」とジーパン刑事なみに怒ってましたね。わはは。直後、狂ったように「スモーク・オン・ザ・ウオーター」を弾きまくっていましたから、よほどフラストレーションがたまったのでしょう

で、赤福さんコメントに戻りますが、出ました!トーキング・ヘッズの「ストップ・メイキング・センス」。この手の映画の最高峰!よくご存じですねえ。素晴らしい映画です。監督のジョナサン・デミは本作で評価を高め、数年後「羊たちの沈黙」アカデミー監督賞を受賞しました(レクター博士も喜んだことでしょう)。一方、トーキング・ヘッズデビッド・バーンは、数年後に「ラスト・エンペラー」で坂本龍一と一緒にアカデミー作曲賞を受賞します。

デヴィッド・バーン、凄い人ですねえ。なにせ、アル・ヤンコビックにパロられてましたからねえ(それはどうでもいいか)。2002年にはロックの殿堂入りですよ。

赤福さんにはの「メタリカ 真実の瞬間」を推薦しておきましょう。一昨年公開の映画で、もうDVDが出ています。内情暴露系の内容には、ちょっとゲンナリしますが、ミュージシャンの葛藤を知る上で面白いかもしれません。

マニアックなところでは、ジャン・リュック・ゴダール監督ローリング・ストーンズの録音風景を撮影した映画「ONE PLUS ONE」(1970年頃?)があり、一部では傑作との評価もありますが、正直、ミック・ジャガーのビック・マウスをもってしても観ているうちに間違いなく寝てしまいます。たぶんDVDも出ていないでしょう(調べる気もなし)。

(3) トランスフォーマー

どうも、電気関係をやっている職業柄、トランスフォーマーと聞くと変圧器を思い浮かべてしまいますねえ。で、昨年の映画「トランスフォーマー」ですが、予告編ではダーク&シリアスな雰囲気だったので、そのノリで本編を観ると、日本のアニメか!?と思うくらいロボットさん大活躍のあっけらかん活劇でしたねえ。ストーリーは「子供だまし」ですが、なにせ、車がロボットに変身するんですから、小さいことを突っ込んではいけません。全然許せますねえーー。

ただ変身CGシーンは「速すぎ」です。走行中の車からロボットへの変身。。。。画面がガチャガチャしてスピード感あふれる、というよりは落ち着かない。

どうやら続編もあるようですので、期待しましょう!


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

御礼その2 書き込み下さった皆様へ [御礼]

こんにちは。やはり前回の「クラシックネタ」は閲覧数が伸びず、いかんな、と反省しました---嘘です、特に反省していませんが、この手のネタは書き方に工夫が要と感じました。スコダさんの顔がでかすぎたか?クラシック音楽の巨匠でも、知らない人には、ただの老人だもんなあ。トホホ。


さて、今日は、ブログへ書き込み(+メイルでコメント)下さった皆様に、お返事を書きます。
といいつつ、その前に、どうでもいい「ネタ写真」をご披露します。
下の写真をごらんください。ワタクシが数年前に宮崎県延岡市にて撮影しました
ツッコミは、この山の名前です、「大崩山」--どんなネーミングだよ!崩れるのかよ!怖いよ!読み方は「おおくえ」らしいですが、「崩」の字は山にはNGだろう?そのうち「溺死体海水浴場」とか「崩壊ビル」なんてのもできそうですね。
しかし、この写真のボケはそれだけではありません。よく観てください。

登山口まで28km」。おいおい、どれだけ離れたとこから看板出してるんだよ?「登山口まで2km」なら分かるけど、28km---遠過ぎるだろ!!着く頃には目的地を忘れてるよ!
---と、軽いネタ披露したところで、書き込みへの御礼といきましょう。

TO くっすん赤福さん

愉快な書き込み、ありがとう。私のブログよりアナタの書き込みの方が面白い--だめだろ、それじゃ!お名前の「くっすん」でピンときましたよ、ふふ、布袋に殴られたあとはどうなったんだっけ?

くっすん赤福さんはロック、詳しいねえ。そう、あの頃は「黒ジャケット」のロックレコードが多かったねえシン・リジーの「ブラック・ローズ」、ジャケも最高、中身も最高。あとは学童ファッションのAC/DCも真っ黒ジャケあったねえ。今度、ブログでジャケ特集をやりましょう(決定)。

さてワタクシが描いたフィル・ライノットの似顔絵がライオネル・リッチー似だの、プリンス似だのと誹謗中傷コメントが飛び交っていますが、ここは「フィル・ライノットを知らない方々」にご判断いただきましょう。似顔絵とご本人の写真を掲載しますので、判定よろしく。(ぷっすま、かよ?)

まず、ワタクシの描いた似顔絵です。

 

次にご本人です(以下)

 

いやあ、髪の毛、おおげさに描いたつもりがご本人は、もっと凄かったんですね。「本人は似顔絵より奇なり」とはよく言ったものです。とにかく、ワタクシの描いた似顔絵がフィル・ライノットにソックリな事が、めでたく証明されました。(当然ですがライオネル・リッチーの写真は掲載しません) 。では、くっすん赤福さん、今後とも書き込みヨロシクね。

TO NAOさん

ジェット・リー、ジェイソン・ステイサムが大好き、とはいい趣味ですねえ!アカデミー賞レースに絡むような作品には「絶対出そうにない」ところも、ジャン・クロード・ヴァン・ダム的ナイスです。ステイサムの「アドレナリン」観ました?今年前半公開でしたので、もうDVD出ているはず、未見でしたら是非。

そうそう、11日(日)夜に小倉(北九州)のシネコンで「バイオハザード3」拝見しました。このシリーズは前作、前々作も観ましたが、どうして意味ないところで、いちいち大きな音を出すんでしょうねえ?ストーリーは近未来ゾンビもので出来はいいけど、「突然、でかい音出すな!」です。それにラストが全く完結せず「次回に続く」というパターンで終わる、我々の年代でいえばアニメ「巨人の星」手法です。こうなったら30年で30作作って、寅さんや釣りバカ日誌を目指して欲しいです。クローン技術があれば、主人公アリスは何度でも生き返りますから。!「バイオハザード30 アリスさん、カジキマグロを釣る!」共演は、もちろん松方弘樹か梅宮辰夫でお願いします。

ではまたの書き込みお待ちしておりますね。

 

TO ジャズバーのFさん

山口県ではお世話になりました。素敵なジャズ・バーで本当にくつろげますね。2回目いったときはヘロヘロで失礼しました。ピアノの弾き語りしてくださった女性にもヨロシクお伝えください。クール・ストラッティン、最高でした!

それと、生まれてはじめて「ウッド・ベース」を弾かせていただき、ありがとうございました。楽しかったなあ。フレットが無いのでジャコ・パストリアス気分(それは、ありえませんね)。

聞かせていただいたレコードはどれも素晴らしかったです。ジム・ホールが、あんなに良いとは知りませんでした。帰京してからジャズ充実のCDショップに行けてませんが、必ず購入したいと思います。これからも、良い情報ありましたら書き込みお願いしますです。このブログは3回先にジャズネタ掲載予定ですので、また観てください。

 

TO いたちさん

書き込みではなくメイルで感想下さったいたちさん。いつもブログを観て下さってありがとう。是非、書き込みもよろしくお願いします。タロットカード殺人事件、面白かったようで、ワタクシも早く観たいと思っています。スカーレット・ヨハンソンちゃんのボヨヨ~ンに期待は高まります。ただ、その前に「オヤジの映画祭」第二弾、「沈黙の激突」(スティーブン・セガール)を拝見せねば。この邦題、なんとかならんでしょうかね?激突しても沈黙かよ?バイオハザードなんて椅子が倒れても大音量ですよ。来年は宮崎県延岡ロケで「沈黙の大崩山」公開ですかね?

 

TO 0.1トンの男さん

音楽ネタだけに食いついているようでは、まだまだ子供ですな。映画ネタにもどんどん参画(書き込み)してくださいね。0.1トンの男さんの好きそうな画像をくっつけておきますね。正直な話、これ、もう、どうにでもしてくれって感じですね。

 

 TO AZMさん

古くなりましたが、「赤福に似たお菓子だから、同じようなこと(偽装)やっているに違いない!」という名セリフを聞いた翌日に、それが現実になったという事件、驚きましたねえ。北海道出身のワタクシとしては早く「白い恋人」に復活して欲しいものです。賞味期限が一気に伸びて「5年」とかに変わっていたら、すごいだろうなあ。

TO りかさん

試写会のお誘いいつもありがとうございます。マイティ・ハート、遠慮なく拝見させていただきます。感想はこのブログで紹介させていただきますね。ところで主演のアンジェリーナ・ジョリー、昔に比べ「たらこクチビル感」が薄れてきたような気がしませんか?って、どうでもいい話でしたね。

それでは皆様、今後とも応援、どうかよろしくお願いします! 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。