So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 家の者の放った一言が腑に落ちた件。 [映画]

こうゆうジャンルが好きか、といえばビミョーですが、2015~16年のトピックスとして、この映画は絶対にはずせません!そうです、

ショーン・ペン主演最新作「The Gunman」(ザ・ガンマン)!

・・・・すいません。無駄なボケに、数行を費やしました。

そうではなくスター・ウォーズ最新作「フォースの覚醒」でございます。ほお、「覚醒」なんぞと難しい単語を使っちゃって、このぉ!と、そこをツッコんでもしょうがない。仮に、AWAKENを、目覚め、と訳すと「フォースの目覚め」。これじゃあ、美少年の萌え映画か、ラウラ・アントネッリ主演「青い体験」みたいで、どうも迫力が出ませんナ。とはいえ、覚醒と言われると、田代まさし主演「パウダー・ウォーズ 白い粉からの覚醒」とか・・・あれ、私はいったい何の話をしているのだ。そろそろ、本題にいってみましょう。

フォース3.jpg

さて、

申し訳ないですが、昔話から始めます。スター・ウォーズ・シリーズの記念すべき第1作は、なんと1977年の公開です。いやはや39年前ですよ。ワタクシ、中学3年のとき、当時住んでいた地元(札幌)の映画館で拝見しました。あのときの感動はよ~く覚えております。正確には、感動、というより、世界観やスケール感に「仰天した」というべきでしょう。話がデッカイ、宇宙船がデッカイ。そして、ハン・ソロやオビ・ワン・ケノビ、ダース・ベイダーをはじめキャラが立ってましたものね。(レイア姫と、ルークがイマイチいけてない、恨みはあったが・・・)

その後、シリーズ全作をリアルタイム(劇場公開時)に観てきたワタクシ。回を重ねると、悲しいかな、どーしても批判気分が頭をもたげます。(失礼ながら、現時点で年齢40代前半までの映画ファンは、スターウオーズの後追い世代ですから、ワレワレより無批判に作品にハマっているように感じる)

とくにダースベイダーの出自を描いた、シリーズ4、5、6、に至っては、話をややこしくしすぎて茶番っぽくなってくる。痛恨の極みは、5&6でアナキンを演じたヘイデン・クリステンセン。その大根役者っぷりには、怒りで拳が固くなったもんです。

・・・と、まあ、いろいろ感慨深いスター・ウォーズ・シリーズでございますが、本作「フォースの目覚め」・・・じゃなく、「フォースの覚醒」はどうなっているのか。

まず、ストーリーです。昨今のハリウッド定番「前作から間が空いた続編」にありがちな「先祖がえりパターン」でございます。よーするに骨子は1977年の第1作とほぼ同様。そこに、新キャラと、旧キャラをうまく配合し、オールドファンも、初めての観客も食いつけるようにする。このあたりの手練手管はさすがあ!ですね。「攻殻機動隊」も見習ってほしいもんです。

旧キャラ(という言い方も失礼だが)では、ハン・ソロ、レイア、あげくにルーク・スカイウィーカーさえオリジナル俳優が演じており嬉しかった。そうです、世間が何を言おうと、これで良いのだ。酒井法子さんには「ちいにいちゃん」と言ってほしいし、西田敏行さんと杉田かおるさんは「池中源太、最終章」で共演してほしいし、水前寺清子さんと石坂浩二さんは「ありがとう、ザ・ファイナル」で新たな火花を散らしてほしい。

フォース2.jpg

余計な話が長くてすいませんが、感想をつきつめると以下2点です。

その一。新たなメインキャラ、レイが魅力的。つうか、レイを演じるデイジー・リドリーさんが、めちゃチャーミングで、この点だけでも作品大成功でしょう。ちなみに、宣伝インタビューで髪をおろしたデイジーさんは、小島瑠璃子さんに激似です。ちょっと「しゃくれて」おります。

フォース5.jpg

その二。これは、一緒に映画をみた家の者の言葉です。いわく、

ハイテクなんだか、ローテクなんだか、わかんないね

そう、そこがスターウォーズの良さなんだ、と改めて実感。「光速飛行できる技術があるなら、ハイテクウエポンでもっと効率よく攻められないの」とか「なんだかんだで、最後はチャンバラかあ」とも言いたくもなる、その味わいが良い。欧米ファンタジー系映画って、往々にして中世の騎士テイストが入るわけですが、エピソード4、5、6で薄れかけたそのフレーバーを、本作が復活させてくれたのは朗報ではないか。

また、映像については、CGに莫大な金をつぎ込んでいるものの、あえて「やり過ぎない」節度が人間味を醸し出して好感が持てます。現在の映像技術に不可能はない、くらい進歩しているのに、そこをセーブする見識。これみよがしの箇所でなく、たぶん観客が思いもよらない細部にドバッと金をかけている(であろう)。

これぞ能ある鷹は爪隠す。能ない鷹は爪もない。ハイテクだかローテクだか、のツッコミは的を射てる。ハイだとかローじゃなく、ものづくりのツボは常に「バランス感覚」なんですね。

フォース4.jpg

さあ、いよいよ次回取り上げる映画は、どーん!

ショーン・ペン主演最新作「The Gunman」

・・・・そのハナシはもうええわ、と自分に突っ込んだところで今日はお終い。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。