So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ナイト・クローラー」。昨年(2015年)に拝見したベスト映画なのでございます。 [映画]

ブログの更新を、さぼっていたら、おお、なんと前回のアップは、1年以上も前とな!

・・・と、驚いたふりをしましたが、ここ数年、定常的にこんな感じですなあ。映画について、文章を書くだけの、気合といいましょうか、モチベーションといいましょうか、かなり低下していますね。いかんなあ。

さて、いまさらですが、2015年に拝見した新作映画のうち、一番ツボにはまった作品を取り上げます。

なんといっても「ナイトクローラー」ですね。ミニ・シアター系で地味に公開されたので、見逃した方も多いかもしれません。

主演はジェイク・ギレンホール。最近、ヒューマンな役どころが多いですけど、彼が本領を発揮するのは「ヤバい人」キャラだと私はにらんでいるわけです。「ドニー・ダーゴ」や「ジャーヘッド」のジェイクさんこそが、役にバッチリはまっているわけです。

本作の彼は、体重を落とし不健康ガリガリ姿に変貌しております。顔の陰影が際立ち、ぎょろぎょろした目の怖いこと!まさに狂気の面相で、ぞお~っと寒気が走るくらいです。

ナイトクローラー01.jpg

主人公は、大都会の夜を徘徊し、警察の事故無線を傍受すると、真っ先に事件現場へ駆けつけます。警察が来る前に、悲惨な現場映像を撮影し、テレビ局に高額で売り込むハイエナ的パパラッチであります。視聴率を稼ぐため、より過激な映像を欲するテレビ局のプロデューサーの期待に応えようと、異常な情熱で仕事に取り組むうちに、彼は、超えてはならない一線を越えていく・・・と、まあ、こんなお話。

ジェイクさんのヤバさは、映画を観ていただかないと実感できないですが、たとえば、フツウに話をしているシーンなのに、「ああ、こんな人とは関わりあいになりたくない!」と思わせる怪演、とでも言いましょうか。

ジェイク・ギレンホールさんをベタ褒めしましたけど、もうひとつ成功の鍵は、アカデミー賞にもノミネートされた「脚本」でしょう。一方的に善悪を決めつけず、あくまでニュートラル視線で主人公を描いている、この節度が気に入りました。前半で、人間ドラマと思いきや、後半はカーアクションあり銃撃戦あり、のスリリングな場面が続きます。しかし、あくまで「主人公の狂気」を際立だせる材料であり、芯がぶれない。アッパレな脚本!であります。

本作の主人公の所業を、良いと思える観客はおそらく誰もいないでしょう。しかし、現実を振り返れば、無責任で傍観者的なテレビ視聴者(=われわれ)は、つねに刺激的なニュース、を求めてやまないわけです。

高速道路の大事故、飛行機墜落、フェリーの沈没、鉄道の脱線、銃乱射による大量殺人、強盗による一家惨殺・・・それをニュースで知ると、被害者を悼む気持ちの裏で、好奇心として詳細な情報(状況)を欲している自分がいるわけです。悲惨であるほど、自分が当事者でなかった、と安堵する。そう、悲劇を、対岸の火事として「客観視」するためには、「ナイトクローラー」の主人公は、必要悪とも言えるわけです。(もちろん、犯罪を良いとは言わないが)

映画のハナシに戻りますと、中古のボロカメラを抱えて走り回り、同業者にバカにされていた主人公が、憑かれたような勤勉さと行動力で、「一流」へとのし上がり、高価な機材、車を買い揃え、ひたすら夜の街を走り回りスクープをモノにしていきます。やがて、実業家然となるさまは、いびつで皮肉なサクセス・ストーリーですけど、奇妙な感動を覚えてしまいますね。

映画のラストが、月並みでなくて実にヨロシイ。

・・・おっと、本作へのコメントは尽きないですが、このへんで、2015年公開の映画のハナシはお終いにしましょう。次のブログ更新が、1年後にならないよう、さて、2016年はちょっと頑張ってみますか。ははは。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。