So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョン・カーペンター監督最新作 映画「ザ・ウォード 監禁病棟」が素晴らしい! [映画]

今回は手抜きです。ワタクシのやっている別ブログから、記事をそのままコピペ&修正します!うーん、省力化。なんとエコなブログだ・・・って、不精なだけだよ。

別ブログの7月8日記事で、大好きな映画監督ジョン・カーペンターさんをご紹介しました(記事はこちら→クリック)。私にとって、カーペンター監督といえば80年代の名作「遊星からの物体X(原題The Thing)」です。SFホラーの金字塔であります。ちなみに、そのリメイク版が、来月からアメリカで公開です、監督はカーペンターさんじゃないけど・・・。

本題に戻りましょう。

カーペンター監督9年ぶりの新作「ザ・ウォード 監禁病棟」が公開されたという話題です。ファンのワタクシ、さっそく拝見しました!ほぼ全編、閉塞された精神病院内を舞台に展開するサスペンス・ホラー。逃げ場のない中で追いつめられる主人公、という設定は、同監督の「遊星からの物体X」「要塞警察」「パラダイム」に通じます。監督、9年ぶりのメガホンでも、ぶれることなく、ご自分の土俵で勝負した、といったところでしょう。さて、その出来栄えは・・・。

ザ・ウォード 監禁病棟 2011年米 

監督 ジョン・カーペンター 出演 アンバー・ハード、リンジー・フォンセカほか

ファンのひいき目をぬきにしても、新作は、予想以上に素晴らしかったです!

ザ・ウォードのポスター.jpg最近多い「ドキュメンタリーを模したバカホラー」や「やたら大きな音で観客を脅かすビックリホラー」とは違います。古典的ともいえる、プロット重視。観客をじわじわ追い込むタイプの作品で、これぞ、”私が待っていた映画”なんですね。

農家に放火した女性クリステーン(アンバー・ハード)が精神病院の監禁病棟に収容されます。彼女はなぜか過去を覚えていません。しかし「自分は狂人ではない」と信じている。何度か脱走を試みますが失敗。やがて、彼女は気付きます。そこ(監禁病棟)には患者以外の「不気味なもの」がいることを。

クリステーンの訴えを、狂人の妄想と一蹴する医者と看護士。病棟の患者たちも同じです。が、やがて「不気味なもの」は病棟の患者を一人づつ殺しはじめます・・・このプロットは、同監督の名作「ハロウィン」「遊星・・・」の流れを汲んでいます。しかし決して自作のマネに終わらないのがカーペンター監督なんですねえ。さすが!

映画後半は逃げるクリステーン、追う看護士たち、そして「不気味なもの」の三つ巴の逃走劇となります。緊張感抜群で、主人公の恐怖もリアルです。そしてラストは・・・。

うーん、素晴らしい!女優さんたちの演技といい、テンポといい、オチといい・・・この記事を読んだ方、すぐに地下鉄 東銀座駅近くの「銀座シネパトス」に向かうように。早くしないと上映が終わってしまいますよーーーー。

主人公クリステーンを演じたアンバー・ハードさん、お顔に記憶がないのですが、水川あさみさんに似た美人。本作の成功の多くが彼女のおかげですねえ。お見事です。今後、間違いなくブレイクします(断言)。容姿だけの女優ではなく、しっかりした実力を感じますもん。今後、大注目です。

ザウォード2縮.jpg

いずれにしても、老いてなおジョン・カーペンター監督の「ホラーの帝王」の座は揺るがない、ということです。サム・ライミ監督に負けるな!!(なんのこっちゃ)

以下は映画と直接関係ないおまけネタです。「ザ・ウォード」のPVで、カーペンター監督が日本のファン向けに語っているのですが、いい感じなので、それを紹介しましょう。

PVは監督の下手な日本語「ニホンのミナサン、コンニチワ・・・」で始まります。最後は「映画、ぜひ観てね!」みたいに締めくくるのですが、ツボにはまるのは”中間部分”です。

日本のことを褒めようとしたのでしょう、「日本は美しい国です」と、切り出した監督。

その次のコメントが渋い。

「何といっても、ゴジラ、ラドン、キングギドラ・・・」

ん?日本ってそのイメージなの?さらに監督はこう続けます。

「そしてAKB48の生まれた国です」

ガクッ!これ比喩でなく、ほんとにガクッ!と来ました。キングギドラ発言も凄いけど「AKB48を生んだ」ことで日本が褒められちゃたよ~~。うーーん、カーペンター監督の自発的発言なのか、誰かの入れ知恵かは分かりませんが、笑えるPVに仕上がりましたね。以下、YouTubeより、「問題の箇所」抜粋です。あははは。

カーペンター監督のおちゃめ.jpg

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 2

YaCoHa

ジョン・カーペンターの口から「AKB48」って言葉が出るなんて・・・そんなに有名なのか、彼も好きなのか(笑;)・・・ちなみに「遊星からの~」リメイクあるんですね!
by YaCoHa (2011-10-02 21:38) 

アッシー映画男

To YaCoHa様、nice&コメントありがとうございます。
「遊星からの物体X」のリメイクありますよ~。アメリカでは今週あたりから公開される予定ですね。その人気ぶりによっては、来年、日本で公開されるかも・・・。

さてJCの「AKB48」発言ですが、まさに映画以上の謎ですね。
まあ、「SMAP」とか「福山雅治」と言われても厳しいですが・・・このPV、たったの30秒なんです。だからラドンだのキングギドラだの言ってないで、映画のPRしたら?というツッコミは・・・してはいけませんね。
by アッシー映画男 (2011-10-12 06:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。