So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 「エクスペンダブルズ」 スタローンは終わった?とんでもない!痛快活劇に感激の一作。 [映画]

映画「エクスペンダブルズ」、いやあ、面白かったなあ。痛快だったなあ。いろいろな意味で・・・・。

まずは主演スタローンさんについてです。世の中には「旬を過ぎる」という、残酷/意地悪/ミもフタもない言葉があり、野菜や果物にならまだしも、ワレワレは芸能人にも適用してしまう。

本作の主演シルベスター・スタローンさん、はっきり申し上げて、10年前の時点で既に「旬を過ぎて」いたのであります。「ランボー」「ロッキー」シリーズというビック・ヒットの功績はあるものの、逆にその栄光が”お寒い感”を醸し出すバッド・スパイラル。

アクションスターの「老年」とは難しいものですねえ。若手の台頭は無視できず、苦肉の策(?)として演じる役柄に、俳優のスタンスを重ね合わせる(ややこしく言ちゃった!)。「かつて名を成した●●が、やんちゃな若手に手を焼きながらも最後にスゴイ底力を見せる」というパターンですな(●●には職業や特技が入る)。クリント・イーストウッドの「ルーキー」「目撃」しかり。ケビン・コスナーの「守護神」しかり。ブルース・ウィリスの「アルマゲドン」・・・枚挙にいとまなしです。

では御大スタローンさんはどうか?95年「暗殺者」(共演アントニオ・バンデラス)はまだしも、02年「ドリヴン」あたりから、後進育成(?)の隠居道に入り、もはや「アクション映画で主演を張る」など夢のまた夢に思えたものです・・・・。

それがどうでしょう!

還暦(60歳)間近を逆手に「ロッキー・ザ・ファイナル」で世界を泣かせ、あげく「ランボー」新作まで作ってしまう無礼講っぷり。それも先人が歩んだ”ジジイ懐古録”な駄作でなく、しっかりした作品。堂々たるアクションスターとしての復活に恐れ入りますなー。

そしてついに出ました、スター新境地(!?)。64歳の御大の、日本でいえば「年金受給者」目前ながら、体を張った超絶アクション大作「エクスペンダブルズ」!(少々、興奮気味です)

前置きが長かったですが、観ないわけにはいかないですよね~~これは!

エクスペンダブルズ 2010年米

エクスペンP1.jpg監督 シルベスター・スタローン 出演 シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレンほか

自らを「エクスペンダブルズ(消耗品)」と呼ぶ命知らずの傭兵軍団。もちろんスタローンさんはその頭領である。配下には見た目スタローンと同年代(実は若い)ジェイソン・ステイサムさん。そして中国の至宝こと、ジェット・リーさん、などなど。

こやつらが、アクション映画の定番どおり、「この人数では不可能でしょう」とツッコミを入れたくなるムチャ振りミッション(南米の独裁政権崩壊)に挑みます。スパイ大作戦的姑息な「ズル」「ヒッカケ」「ダマシ」はなし。生身の正面突破であります。弾丸&爆弾ですべての事を成す。あってないような作戦・・・いや、あの、その・・・という間もなく、悩み無用の痛快アクションなのであります。(間違っても、登場人物たちの正気を疑ってはいけません)。

スタローンさんのそこまでやるか?の肉体改造と、(それなりに)キレのよいアクションは「かつての」スターではなく、バリバリ現役感を発散しており、「ロッキー」」世代のワタクシは涙涙の大感激です。一筋縄ではいかない傭兵たちをまとめるリーダーシップにも違和感なしの貫禄。いやあ、カッコいいわあ!

スタローンさんを支える傭兵メンバーも大活躍です。ジェイソン・ステイサムさんは、第二の主演と言うべき暴れっぷりがスガスガしい。敵国への潜入調査から、重火器携えての殴り込みまで、スタローンと行動を共にする盟友という役どころを、きっちりこなす。さすが!

エクスペン5.jpg

この手の映画、新旧対照(対決?)を強調しようと、深く考えずに共演に「若手」を持ってくるケースが多いですが、その愚を犯していない点は評価したいっす。集客狙いなら活きのいいイケメン俳優、アストン・カッチャーとかシャイア・ラブーフあたりを据えたいところでしょう。そこをあえて、オジサン=ジェイソン・ステイサムをぶつける英断には拍手拍手であります。

ステイサムさんの「男臭さ」&スタローンさんとの「波長バッチリ感」が心地よいんですなあ。それに比べるとジェット・リーさんの添え物感は少々問題ではないかな?スタローン監督。

エクスペン1.jpg

さて、お約束のツッコミタイムであります~~。

本作にはスタローンさんと人気を二分したアーノルド・シュワルツェネガーさんが「顔見せ」程度に登場します。このシーンが笑えましたねえ。政治家へ転身したとはいえ、シュワちゃんとて「俳優だった」わけです。ところが彼ったら・・・ハッキリいって、長嶋茂雄さん(野球選手)がドラマにチョイ役で出たような違和感、つーか所在なげ、つまりは、まるっきりの演技シロートっぽさがヤバイのです。

同じシーンのスタローンさん、ブルース・ウイリスさんという「現役」は当然フツーの芝居をするわけですが、シュワちゃんの「素人っぽさ」と相まって実~に変な空気になっちゃってる・・・これ、ある意味、映画史に残る名場面ですぜい。いや、マジで。

エクスペン8.jpg

さて、ツッコミの2番目(ネタばれです)は、これまた懐かしいドルフ・ラングレンさん。ロッキー3作目?でスタローンの敵ボクサーを演じた能面無表情なお方。今回の彼の役どころは、傭兵軍団の一員でしたが、ドラッグ中毒で破門されて逆恨み。こともあろうに、敵に寝返りエクスペンダブルズを襲うのです(映画ポスターで彼が並んでいていいのか?)。敵としてさんざんご迷惑をかけておきながら、一件落着後のラストシーン、ワタクシは目を疑いました!

ドルフさん、「いやあ、ごめんごめん」みたいに苦笑いしながら仲間に戻ってるぞ!エクスペンダブルの面々もドルフ君に対して「だめだぞぉ!あんなことしちゃ!」。「あはは、面目ないっす。許してチョンマゲ!」・・・って、こりゃインド映画ですかあ!?

エクスペン4.jpg

「ハリー・ポッター」シリーズでこれをやったら、観客、大暴動ですぞーーー。

てなわけで、結論=エクスペンダブルス、バカにせずに必ず劇場で観るようにねっ!スッキリしますよん。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 6

ふくずみ

こんにちは。
シュワルツェネガー、ほんとに素人っぽかったですよね。ウインクのわざとらしいこと。今の彼より、石川遼の方が演技うまいかも、ですよね。
スタローンは、「エクスペンダブルズ」を新シリーズにしたいそうです。イケメン若手俳優の投入は、2作目以降と考えますが、アッシー様のご意見は?
by ふくずみ (2010-10-31 10:59) 

アッシー映画男

To ふくずみ様、コメントありがとうございます。
なんと!?エクスペンダブルズがシリーズになるのですか?
いったい何歳までやろうというのか、スタローン様。

もしも続編があるとすれば、主演は、スタローンさんから、ステイサムさんにスライド移行ではないでしょうか?そこにはアツレキもトラブルもなく・・・。
歌丸さん以降の、笑点司会者争いより平穏無事に済みそうに思います。

ま、まさか、ドルフ・ラングレンさんが主役!?・・・ありえませんね。
by アッシー映画男 (2010-11-01 06:57) 

アッシー映画男

To のむら様、niceありがとうございました!
by アッシー映画男 (2010-11-01 06:58) 

アッシー映画男

To galapagos様、nice、ありがとうございました!
by アッシー映画男 (2010-11-28 07:24) 

アッシー映画男

To Yakoha様、nice、ありがとうございました~~
by アッシー映画男 (2010-11-28 07:25) 

アッシー映画男

To iyashi様、niceありがとうございました!
by アッシー映画男 (2010-11-28 07:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。