So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 「ソルト」 アンジェリーナ・ジョリーの頑張りには大喝采。でも映画の内容は忘れそう・・・。 [映画]

ブログ更新をさぼって2週間。「ザ・ウォーカー」の精神的ダメージが大きかったのでしょうか・・・って、そんなおおげさなもんかい!

さて猛暑にはヒューマンドラマよりは、あっけらか~んとしたハリウッド・アクションがよかろう、ということでアンジェリーナ・ジョリー主演の「ソルト」を拝見しましたよ。

どうでもよい話ですが、友人がアンジェリーナ・ジョリーのラストネームを、ジョリーナ、だと勘違いしてました。あははと笑いつつ、アンジェリーナ・ジョリーナ。なんとも語感が良いではありませんか?しっかり韻を踏んでいるぞ!ベルナルド・ベルドリッチ!段田男!古田新太!・・・おっと、しつこくてスイマセン。

さらにどうでもよい話ですが、ワタクシが以前書いたブログ記事で某女優さんの名前を間違えているよと、0.1tonの男様より鋭いご指摘をいただきました。こっそりなおしましたぞ。あはははのは。

話を戻して、映画「ソルト」です。

当初、トム・クルーズ主演で企画されたそうです。諸般の事情でトム君が降板し、主人公ソルトの性別を女性に変えて、アンジェリーナ・ジョリーナ主演で完成。正直、トム君よりジョリーナさんのほうが断然良いと思う。(トム君版は実現していないので、あくまで私の推測ですが)。

彼女の頑張りは絶賛に値します。イヴリン・ソルト(彼女の役名)の行動が主題ゆえ、ジョリーナさんは全編出ずっぱり状態です。ソルトの出ないシーンはほとんど無いくらい。それだけでも大変でしょうに、アクションシーンは基本「生身」。スター女優となった38歳の彼女、若手でもあるまいし、そこまでアグレッシヴにやるかい!と感心しますね。ジョリーナさんの女優魂には誠に頭が下がりました。日本の女優で、ここまで映画に懸ける人がいるのでしょうか・・・・。

で、映画そのものは、どうかというと・・・これはまた違った話でして。

ソルト 2010年米

監督 フィリップ・ノイス、出演 アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレーバー、キウェテル・イジョフォーほか

ソルトP.jpgイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は石油会社勤務のOL・・・は表の顔で、実はCIAの有能なスパイです。ある日、アメリカ亡命を希望するロシアスパイの尋問を行いますが、彼は「イヴリン・ソルトという名のロシア側スパイが、訪米するロシア大統領の命を狙っている」と告げます。

ロシアのスパイと名指しされたソルトは、必死に濡れ衣と主張しますが、聞く耳をもたない当局に危険を感じ逃亡します。CIAの上司ウインター(リーヴ・シュレーバー)、ピーポディ(キウェテル・イジョフォー)に追われるソルトは、髪を染め、変装し「ある目的」のため、たったひとりの戦いを始めるのでした。

って、「ランボー」のシルベスター・スタローンかいっ!

さてこの映画。

ソルトの命がけ逃亡劇にくわえ、凝ったプロットや、ミステリアスな行動がほどよい刺激となり、中だるみもなく楽しめました。メインテーマを逃亡アクションとせず、「ソルトって何者なの?」という謎解きに置いたのは大正解だったと思いますね。

とはいえ(そこを言っちゃお終いだけど)、ソルトはたった一人で大人数の敵を倒すのですが、いくら優秀だからって、相手も訓練受けたプロですよね?ランボーのように敵に忍び寄るのではなく、彼女、基本「正面突破」攻撃なんですよ!多勢に無勢。銃撃戦の最中に流れ弾で死ぬことだってあるわけで・・・どう考えても自殺行為ですぜい。

強いフィジカルだけでなく、「カイジ」なみの強運まで身につけているという設定なのか?

ツッコんでも大人げないですが、あまりの無敵っぷりに、セガール色が入り過ぎていませんかね?と・・・おっと思い出しました。映画前半、ソルトがCIAビルから脱出するくだり、追いつめられた彼女は、その辺にあった塗料やシンナーで即席爆弾を作りバズーカ砲よろしく発射!ドッカーン!!このシーン、「沈黙の戦艦」でライバック(ステーヴン・セガール)が料理素材(?)を電子レンジに仕込んで爆発させるシーンとソックリではないか!やはり、ソルトは女セガールってこと!?

ソルト3.jpg

ラストのどんでん返し(?)は驚くというより、呆れ気味か。まあ、そんなわけで映画館ではけっこうワクワクしましたが、終わってから2時間もたつと急速に印象が薄らぎましたね。良い意味でも悪い意味でも「後を引きずらない」作品ですね。でも、こうゆう映画、嫌いじゃないす。

ソルト2.jpg

以下、映画の内容と無関係ですが、個人的に「おお!」と感激したこと。ソルトを追うCIAエージェント、ピーボディを演じている俳優さん。キウェテル・イジョフォーさんだ!イギリスのコメディ好きならご存知の方も多いでしょう。下写真の方です。

ソルト7.jpg

2005年の名作コメディ「キンキー・ブーツ」でド派手な女装姿とステージパフォーマンスで感動を呼んだ、おかまのローラを演じた俳優さんです。「ソルト」では脇役ゆえ、「キンキー・ブーツ」ほどの押し出し(強引さ?)がなく残念ですが、さすがラストシーンで良い味出してました。いやはや、久しぶりにイジョフォーさんを拝見できただけで大きな収穫でしたよ。ちなみに下写真が「キンキー・ブーツ」でのイジョフォーさんです。

キンキーブーツ1.jpg

「キンキー・ブーツ」を未見の方、是非観てください!「フル・モンティ」「カレンダー・ガールズ」のように下ネタが下品に堕ちず、心がほんわりするイギリスらしい佳作コメディ・・・って、本題の「ソルト」はそっちのけかよ! 

「キンキー・ブーツ」後半シーンをYouTubeで観つけました。興味のある方は観てくださいね!(ネタばれでスイマセンが)。女装イジョフォーさんの堂々たる歌唱、ご堪能あれ~~。

 

「キンキー・ブーツ」のストーリー:潰れかけた靴工場の経営を引き継いだ若いダメ経営者が、わらをも掴む思いで社運をかけた、おかまバーのステージ用「キンキー・ブーツ」。おかまのローラに協力を仰ぎ試作品完成にこぎつけ、シューズショーで大々的な宣伝を打つことになります。ところがモデル役のローラが行方不明・・・追いつめられた経営者は、自らキンキーブーツを履いてステージに登場しますが・・・(この続きが上記のYouTube画像です)。

キンキーブーツ.jpg

nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 7

亮

こんにちは。
自分もこんな映画嫌いなないです。
でも、まー、たしかに、2時間で忘れました・・・
でも、これはこれでよいかと思います。
by (2010-08-13 15:57) 

コッスン

えー!!キウェテルイジョホーさん
このメインで歌ってる赤い服の人?
キレイです

キウェテルイジョホーさんは2012年でブレイクすると言われてました
私は、アメリカンギャングスター(デンゼルワシントンの)と
津波(ティムロス)くらいでしか見たことなかったです。
キンキーブーツ必見ですね。!!!!!!
by コッスン (2010-08-13 20:36) 

アッシー映画男

To 亮様、コメントありがとうございます。
ふっふっふ・・・すでに映画「ソルト」を観たこと自体を、忘れかけているのではないですか?
あるいは、ストーリーが「ボーン・アイデンティティ」とごっちゃ混ぜになっているとか・・・それにしてもソルトの上司、ウィンターには困ったものでしたねえ。巨大クモを顔面にぶつけてやりたいですよね~。

ワタクシも、あらゆる意味で、かなり嫌いじゃない映画です。同じ監督の「ブラインド・フュリー」「ボーン・コレクター」も嫌いじゃないっす。ソルトと同様、途中シーンをほとんど覚えていませんが。。。。
by アッシー映画男 (2010-08-14 07:27) 

アッシー映画男

To コッスン様、nice&コメントありがとうございます。
「キンキー・ブーツ」では、イジョフォーさん、やたら体が大きく感じたのですが、「ソルト」ではむしろ小柄なイメージで、ちょっと意外。
イギリスの俳優さん(というより広くヨーロッパの俳優さんというべきか)は、ハリウッド映画では、どうも光りませんね~。ハリウッド映画らしい月並みな役柄に、はめ込まれてしまうからでしょう。
地元イギリスの、ちょっとエキセントリックな作品で活躍して欲しい俳優さんです。うーん、だけどそうゆう映画って日本では、なかなか公開されなかったりするんですよね~。残念!
by アッシー映画男 (2010-08-14 07:33) 

わか蟻

こんにちは!
ソルトのレビューを書いて、ソルトで検索して来ました。

こちらのページを拝見しなければ
「キンキー・ブーツ」を知ることもなかったと思います。
キウェテル・イジョフォー氏、わたしも好きになりました。

今後ともよろしくおねがいたしますー。
by わか蟻 (2011-03-05 16:57) 

アッシー映画男

To わか蟻様、コメントありがとうございます。
いやあ、「キンキー・ブーツ」、必見ですよ~~。映画を観たあとに、まったりと幸せな気分に浸れることでしょう。なにせイジョフォーさん、大活躍でありますからーーー。こちらこそ、今後とも、よろしくお願いします。

そうそう、「ソルト」で女セガール化して頑張ってたアンジェリーナ・ジョリーナ、じゃなく、ジョリーさんの「ツーリスト」も楽しみですね。
by アッシー映画男 (2011-03-07 03:45) 

アッシー映画男

To 山口様、niceありがとうございます!
by アッシー映画男 (2012-09-23 11:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。