So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 「ザ・ウォーカー」 言いたいことは分かるけど、ありえねえよ!とツッコンで終わった残念作。 [映画]

上映が終わった映画ですので、タイムリーではありませんが、前回絶賛した「インセプション」と全く逆の、イタ~イ作品として取り上げたくなりました。

「ザ・ウォーカー」。例によって(?)核戦争で壊滅した地球(戦争後30年が経過)が舞台。わずかに残った人類は、定番の「北斗の拳」的世界をサバイバルに生きています。つまりは弱肉強食。弱い人間は強盗に無残に殺されます。道徳も正義も存在しない荒廃した世界。(このベタな設定で、気分が限りなくダウナーなワタクシではありますが・・・・)。

生き残った人類が「ゾンビ」にならないだけでも良いか、と、妥協に向かったワタクシですが、その前向きな気持ちを「ザ・ウォーカー」は次々に打ち砕いていくのです。あぎゃーー。やめてくれーーー。

いやあ、いいんですよ~、言いたいことはよ~く分かるんですけどね。映画的には無茶苦茶なんですよ。

「インセプション」が、巧妙なプロットと、スピーディな展開で、無理を無理と感じさせない優れた作品だとすれば、「ザ・ウォーカー」は正反対。妙な世界観をもったいぶって押し付けることで、無理がより無理として感じられる怪作といえましょう。

そりゃ無茶ってもんでしょ?とツッコミ連発しているうちに、主演のデンゼル・ワシントンが、スティーブン・セガールに見えてきました。名優デンゼルまでが・・・ああ、悲しい・・・・。

ザ・ウォーカー 2010年米

監督 ヒューズ兄弟 出演 デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウエイツほか

ウオーカーP2.jpg冒頭のごとく、核戦争でほとんどの人類を失った地球。その戦争から30年後の世界が描かれます。街も、人心も、すさみきったアメリカ大陸を、30年間、ひたすら西に向かって歩き続ける男イーライ(デンゼル・ワシントン)・・・て、いくらなんでも30年はないだろっ!

彼は自分でも分からない「声」の導きにより、ある本を、西に運んでいるのです。・・・って、ここが既に「???」なのであるが。

以下、思いっきりネタばれですが、その本とは、聖書なのであります。どうやら30年前の戦争は宗教的背景があったようで、戦争の元凶として、聖書はすべて焼かれてしまったのです。イーライは世界に一冊しか残っていない聖書を、ひたすたハンドキャリーしているのです。

行く先々で強盗団に襲われるイーライですが、超人的な強さで(セガール的?)、5人だろうと、10人だろうと敵を一瞬にして始末します。

ここで登場するのが不毛の荒野に「街」を作り、新たな世界の征服を夢見る、冷酷な独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。彼は疲弊した人心を自らに集め、神のごとき存在となるために、「聖書」を血眼になって探しているのでした。野蛮な部下どもに聖書を探させるものの、空振りばかり。

たまたま自分の街を通ったイーライが「聖書」を持っていることを知り、彼を殺し聖書を奪おうと襲いかかります。こうして、イーライと、カーネギーの聖書をめぐる戦いが始まります。

ウオーカー4.jpg

と、書いている先から「いくらなんでも一冊残して聖書が全部無くなるかよ」とか、「聖書があれば世界を征服できるのかよ」とか、草津温泉の源泉のように、どんどん湧き上がるツッコミ。

カーネギーの娘(血はつながっていない?)が、イーライ側につき、すったもんだの末に彼女の運転する車で目的の「西」まで連れて行ってもらうイーライ。ありゃ?30年も歩き続けていた割りには、車で1日もかからずにゴールに到達!って・・・そんなに近くまで来てたんかい!つーか、歩かずに車使っていいなら、さっさと使っとけよ!

ウオーカ-6.jpg

で「西の果て」に何があったか?とえいば、案の定、世界を憂い、新たな文化を生み出そうとする「心ある人々」のコミュニテイが・・・・って、独裁者カーネギーもすぐご近所にいるんだろって!?

イーライ君、あんなに大切にしていた「聖書」はカーネギーに強奪されちゃって・・・でも、その後の痛快な「オチ」・・・それもやっぱり無理だろうって。で、ラストシーン、おねえさん、今度は東に向かって歩くのでしょうか?ひゃー残念賞!

ウオーカー3.jpg

しいて、この映画でよかったといえば、優柔不断っぽい技師を演じるトム・ウエイツ御大でしょうか。

言いたいことが分かりやすいだけに、映画としての粗が目立つ、そんなセガールちっくな・・・じゃなく、デンゼルな作品でありました、あはは。

ウオーカー2.jpg

ちなみに、「核戦争で崩壊した世界を生き抜く」という類似設定の「ザ・ロード」という映画が公開中です。「ザ・ウォーカー」の悪いイメージを払拭できた頃、ゆっくり見に行くこととします。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 5

ふくずみ

こんにちは。核戦争後の世界って、まったく「北斗の拳」っぽいですよね。
廃墟とボロボロの衣類をまとった難民と、世界を支配しようとする男、それに対抗するマッチョな男。これもアッシー様のお考えでは、アメリカ映画の定番パターンのひとつでしょうか?
「ザ・ウォーカー」のオチは凄かったですね。カーネギーは、がっくりきすぎですよね。傷の手当てはしっかりしないとーーー。
by ふくずみ (2010-08-04 15:33) 

アッシー映画男

To ふくずみ様、コメントありがとうございます。
あははは、ほんとですよ。核戦争後30年、廃墟と無政府状態は定番ですよね。まあ気候変動とかいろいろあるかもしれないけど、人間よりも植物のほうが強いんだから、農業するとか、ちょっとはねえ。
「ザ・ウォーカー」は宗教的な観点からはフォローできるところも多いと思います。
自分はすべてを見ている、と思う人間ほど、何も見えていない・・・。
イーライはかつてのキリストの弟子、あるいは聖人たちのような「苦行」をしょって西へ向かっているわけですね。
神の言葉(=聖書)を伝えるため、というのがなんともベタで良いのですが、気に入らないのは、やけに灰色っぽくカラーリングされた画面や、登場人物たちのステレオタイプな描かれ方なんですよね。
そして、宗教的なテイストを根底に持たせながら、アクションシーンを無理やりはめこんだような違和感。

ゲイリー・オールドマンは苦労したと思います。彼の演じるカーネギーというおっさん、アホですから。。。聖書を手に入れようとするくだりも、もうちょっと工夫しろよ、って感じ。部下を何人殺されれば気が済むんだよって。
さらにラストシーンで、部下たちがヤケクソになって暴れちゃうところも、「あ~あ」とがっくりな展開ですよね。
そんな小細工しないで、もっと正統に攻めてほしかった映画です。

結論言うと、出発点である「核戦争から30年後の荒廃した世界」が、あまりにも紋切り型なので、どうにも発展しようがなかった、ってことですね。
チャンチャン。
by アッシー映画男 (2010-08-07 08:35) 

ken1203

昨日、深夜放送された映画を録画で見た。よかった。
イーライの聖書は点字本だから、残ったんですね。
カーネギーの目の付け所は素晴らしいですね。ローマ以降、キリスト教が世俗を支配した方法を再現しようとしたんですね。ラテン語で書かれた聖書は聖職者しか読めなかった。
 宗教的な支配ができれば、最強の支配者になれますからね。そのための聖書であり、それを独占する必要があるわけですね。

 2010年のアメリカ映画ですから、オバマ大統領誕生という時代背景を考えると、社会的なメッセージが盛りだくさんの映画ですね。さしずめ、カーネギーはブッシュでしょうか。面白かった。
by ken1203 (2013-01-05 12:02) 

アッシー映画男

To ken1203様、コメントありがとうございました!
全体にちょっと(かなり?)無理のあるハナシでしたが、たしかに深読みはそれなり出来そうですね!
by アッシー映画男 (2013-01-14 19:59) 

壱

この作品は聖書のオマージュが有るので聖書を読んだ事の無い人にはよく分からない只のアクション映画だと思います、例えば主人公が30年歩いて辿り着かないのに車で直ぐ着いたってのも聖書に出てくる約束の地カナンのそれです、イスラエルの民はカナンの地が目の前なの「時」が来るまで入れませんでした、映画の主人公もアルカトラズの印刷機ができた「時」にたどり着いたのです…とまぁそんな感じで聖書を読んだ事無いと「30年歩いて(笑)」になるね(笑
by (2017-02-01 00:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。