So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」 映画としては・・・ですが、俳優のはまりっぷりに感激! [映画]

踊る大捜査線シリーズ。そうすかあ、いつの間に「3」とは。。。

ワタクシには食いつけないタイプの映画です。TVで観る分には良いけど、映画館だと「TVテイスト」(当然、製作側は狙ってやっている)が、正月の芸能人かくし芸大会っぽくて、むずむずしちゃうんですね。

でも、この映画、好きですよ~~。

なぜなら、お気に入りの俳優さんがツボにはまっているから。一方、ツボをはずしている(としか私には思えない)出演者も、引き立て役として有効に作用している・・・おいおいっ!そこまで狙っているのか、この映画?・・・と、あまり深読みしてはいけません。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! 2010年日本

監督 本広克行 出演 織田裕二、深津絵里、小栗旬、柳葉敏郎、内田有紀、小泉今日子、ユースケ・サンタマリアほか

踊るP.jpg湾岸署の新建屋が完成、青島(織田裕二)や、すみれ(深津絵里)ら署員は、引っ越しに大わらわ。ところが引越しの混乱のなか、実弾入りの拳銃3丁が盗まれるという不祥事が発生します。犯人は、青島が逮捕した犯罪者たちの釈放を求め、拒否すれば盗んだ拳銃で無差別殺人を始めるという。

ハイテク最新装備の新湾岸署で、犯人との交渉が始まります。しかし犯人グループは既に次の手を考えていました。湾岸署の完全コンピュータ制御を逆手にとり、セキュリティシステムに細工していたのです。

犯人の策略で、署のドアはロックされ、分厚い防護壁が下りてきます。署内のメンバーは、完全に建物に閉じ込められてしまうのでした。

犯人が署内に仕掛けた時限爆弾のカウントダウンが始まります。

犯人の「本当の」目的は何なのか?閉じ込められた署員は救出できるのか?政府は、犯人グループの要求を全面的に受け入れようとします。しかし、そこには、さらなる裏が・・・

・・・とストーリーを書いてたら「大空港」「ザ・ロック」「ダイ・ハード」のようなスリリングなサバイバル・アクションのように思えますが(書いてる自分でも、つい錯覚しました)、もちろん、そんなことはございません。「踊る」シリーズらしいといえば、らしい、アッケラカンというか、アッパッパーなテイストに彩られているんですなあ。

シリアスなど狙ってないのは明白だし、戯画化された登場人物の「キャラ」と「絡み」を楽しめば良い、頭では割り切ってても、もうちょっと、ハラハラドキドキさせてよぉ、と言いたくなります。

踊る3.jpg

ドラマのテイストを守らねばならない諸事情は察しますが、青島刑事(のキャラ)が、あまりに幼稚なのは、なんとかできないのでしょうか?こんな同僚、いてほしくないよ~というタイプです。壊せるはずのない防護壁を、角材でしつこく叩いて「俺の思い」をアピールするのはいいけど、あのぉ~、できれば、その時間をもっと別に使ったほうがいいんちゃいます?

底の浅~いヒューマニズムをかざして悦にいる主人公・・・織田裕二ならいいんじゃない?という甘えに立脚しているのでしょうけど、正直、ゲンナリ。。。それやって許されるのは、スティーブン・セガール御大だけですよ。

青島と絡む女性刑事すみれも連鎖反応的(連座的?)に、つらい空気に巻き込まれます。「海猿」シリーズの伊藤英明&加藤あいコンビと双璧をなすイタさ満開といえましょう。

踊る1.jpg

圧巻は、異常性格(?)の犯罪者、日向真奈美(小泉今日子)と青島の絡み。意味不明の車中トークは良いとしても、ラストは(別の意味で)痛快そのものです。

あのーー、時限爆弾の爆発まで残り3分なんですよね?この切羽詰まった状況で「じっくり構える」のは止めませんか?長い人生で、この時ほど、一分一秒を争わなくてはいけない状況はありませんよね?ポーズを決めたり、決意表明は、後ほど思う存分やっていただくとして、まず行動しようじゃありませんか、ね、青島さん!?

そんな観客の思いをあざ笑うかのように、みのもんたが名セリフ「正解!」を言うまでの「ため」以上に、「ためこむ」青島クン(これで確実に2分はロスしたね)。危なく爆死するところでしたなあ。ギリギリ・セーフってやつかあ。

フツーのサードゴロを、わざと遅く動き出し、ファインプレーに見せた長嶋茂雄の「美技」に匹敵する荒技?・・・いや、そうじゃないだろって!

踊る4.jpg

ツッコミ底なしですが、でもワタクシはこの映画が好きだ!(決意表明?)

なぜなら、鳥飼管理補佐官役の小栗旬さんが良いからである!いかにも罠というPC画面アイコンをクリックし、やっぱり負傷かよ!?というお茶目はあるものの、沈着冷静、状況を適確に読む「政府側」の切れ者を見事に演じています。いやあ、良いなあ!

スピンオフ映画で主役を張ったユースケ・サンタマリアさんは、自然体がばっちりはまってあれ、活躍が少ないな・・・と思いきや、ラストでやってくれる、この感じが良いですよね。

そして、コワモテ一倉管理官役の小木茂光さん。相変わらず良い!一世風靡セピアのリーダー・・・といっても誰も知らないか。いまや名脇役の小木さん、ローカルTVで放映されていたドラマ「ネコナデ」の鬼塚部長役(主役です)は、ほんと良かったですよね~~。青島刑事よりも、鬼塚部長のほうが、よっぽど「人間味」にあふれてましたし。

ネコナデ.jpg

というわけで、好きな俳優さんの活躍を楽しむ、そんな観方で良いんじゃないでしょうか!ちゃんちゃん。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

azm

ども!
映画の話はさておき?、小栗旬さんはなかなか良い役者さんですね。最近は監督としても頑張っているようで何よりです。
以前NHKの大河「義経」にも脇役で出ていましたが、結構存在感がありました。蜷川演劇の常連でもあるそうですね。
そんなわけで来年公開の「岳」が楽しみなんであります。高所恐怖症なのに、頑張りましたぁということらしいです。原作の主人公三歩と若干イメージは違いますが、期待しちゃいます。
by azm (2010-07-25 09:16) 

アッシー映画男

To azm様、コメントありがとうございます。
小栗旬さんは、実に良いですよね。
「花より男子」の花沢類役が、あまりにもオカマっぽく、キャスティングした製作側においおいっ!と怒りのツッコミをしたくなりましたが、幸い(?)、その後は順調にステップアップ!
自分に求められているものを的確に把握し、それに応えることのできる優れた俳優さんですよね~。
監督に進出して、それっきり監督業専念にならないことを祈っております。

by アッシー映画男 (2010-07-25 11:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。